病院のトイレで水つまりになってしまった

“以前、病院を利用した時、トイレに入ったら水が詰まってしまいました。
私は今まで何度もトイレの水つまりを経験しています。

そこで、1回目でトイレの水が流れない時はそのままにしておくのが良いと思いました。
すぐに近くにいた看護師さんに事情を伝えました。

その看護師さんはトイレの様子を見て、レバーを動かしてしまいました。
私はトイレの水が溢れることが分かっていたのですが、どうすることもできませんでした。

看護師さんはその後、溢れた水をふき取り、使用禁止の張り紙を取り付けました。
私は申し訳ない気持ちでいっぱいだったのですが、水が詰まってしまったことはどうしようもありません。

ですが、一つ言い訳を言わせてもらうならば、確かに個々のトイレは水の流れが悪く、いつ詰まってもおかしくないような気がしました。
なので、もしかしたら私以外でも、トイレの水を詰まらせてしまう人がいるのではないかと思いました。

その後、そのトイレを利用しに来た人がいました。
幸い、トイレは2つあったので、もう一つのトイレを使用してもらうことができました。

もし、トイレが1つしかなかったら、その利用者は困ったでしょうし、他の人も同じ状態だったと思います。
出先ではなるべくトイレの使用を避けたいものですが、生理現象なので仕方がありません。

ですが、もしこういうことが今後も起こるかもしれないので、きちんとトイレの水が流れるのか確認してから使用した方が良いと思いました。
特に古い建物で上階では、トイレの水が流れにくいことがあるような気がします。”