猫からのありがとう

猫からのありがとう

家に飼い猫がいて病気で亡くなりました。それ以来、家にくる
野良猫に餌をあげたらどうなるかの承知で餌をあけだら、仲間が増えて私の家の庭は野良猫の住みかになりました。田舎なんで隣近所はうるさくありません。
約 10匹くらい居座り、私は、毎日、ご飯をあげてました。
でも野良猫なんで、病気をもらってきて猫風邪を引いた猫もいて、
私は病院は連れていきませんでした。なぜなら、野良猫なんで、
自由に散歩してるので通院は難しいので、割りきって、私自信が看病をしてました。段ボールに、カイロとか湯タンポをいれたり、

口内炎で食べれなければスープを、少しなめさせたりして、
涙をふいてあげたり、それで回復した猫も多数いました。
シニアまで生きてる猫もいました。でも残念なことに治らず亡くなった猫もいました。
でも不思議なんです。必ず私の目の前で息をひきとるんです。
飼い猫なら、まだしも、普通は、
野良猫なら、どっかに秘かに隠れて病気を治して元気になったら、
また再び表れ、改善しない野良猫は、その場で隠れて息を引き取ると思うのですが、必ず私がいる
時間に合わせて息をひきとるんです。その何日か前には、どっかに、居なくなり、亡くなる前日に
庭に帰り、一瞬、元気なそぶりで、私の前に現れます。
私は、あー良かったあ〜元気になったんだね〜と、ご飯をあげるけど、食べないんです。
そして、当日、ないし次の日に、
私が看取る形になります。

猫は、もう亡くなると思うと、
水さえ興味が無くなりますから、
食べなくなったら寿命とわかります。猫は私のまえで、痙攣を起こして呼吸が乱れ息をひきとります。私は、そばにいて、
「ありがとう、たのしかったよ、また会おうね」と見送ります。
そんな感じで何匹も看とりました、
野良猫ちゃんたちは、毎日、おいしいご飯、お世話をされて、
私に、ありがとうとうの意味で
最後の力を振り絞り私に姿をみせてると思います。
みんな、同じでした。

4日、5日、庭からいなくなり、
その後に現れる、私にお礼の挨拶です。
私は笑顔で見送ってます。
それから、しばらくして、引越をしなければなくなり、何匹か庭にいるので遠くはないので、
毎日、ご飯をあげに行ってます。
亡くなった猫たちの思いでは、忘れません